Skip Navigation
文化イベントのご案内
ecogeo suncheon bay garden

順天湾とラムサール条約

2013年、生態首都の順天で自然の美しさをお楽しみください

韓国海洋水産部は

順天湾の自然生態公園

順天湾はラムサール条約の基準となる水鳥たちが生息するという事実が知られるようになってから、集中的な注目を浴びるようになった。 特に、ラムサール条約で重要視される内容として「各々異なる生息環境を求める多くの種類の鳥たちの生息」とあり、ラムサール湿地として最も適した候補地である。
順天湾は2003年12月に韓国内湿地保護地域に指定され、2004年に「北東アジア丹頂鶴保護国際ネットワーク」に加入した。 北東アジア丹頂鶴ネットワークは1996年第6回ラムサール締約国会議で、アジア・太平洋渡り鳥保存戦略によって結成された協議体である。このような努力の末、韓国海洋水産部は、早ければ今年8~9月に順天湾をラムサール湿地として登録を申請する予定である。