Skip Navigation
観覧のご案内
ecogeo suncheon bay garden

葦の群落

2013順天湾国際庭園博覧会に皆様をご招待します

30万坪の広い葦の群落が高密度に広がっているが

Suncheon bay

順天湾入り口には韓国の他の地域では見ることのできない約30万坪の広い葦の群落が高密度に広がっているが、これはおよそ30年にわたって形成されたもので、約10年前からその範囲が急速に広がってきた。

韓国の他の葦の群落はすでに毀損されてしまったが、順天湾の葦の群落は一番広く、またよく保存された葦の群落として残っている。

葦の群落は浄化機能が優れているだけでなく、汚染に特に敏感なムツゴロウが生息できる環境を提供して順天湾の天然下水終末処理場の役割をしっかり果たし、洪水調整の機能も持っている。また、冬の冷たい風を防いで魚たちの棲み処となり、その魚を餌とする鳥たちが訪れる。順天湾が稀少鳥類の生息地になったのは、まさに葦の群落によるところが大きいと言える。

順天湾の自然生態公園